AQTAS (Advance Quality Test Asistance System )

概要:

組み込み系及びIP系システムの製品出荷前のリグレッション試験を自動化する総合試験支援システムです。状態遷移表から試験手順を自動化生成して試験を実行し、合否判定を自動的に行います。試験対象装置の送受信パケットとメモリ内容の履歴を収集して、試験の問題解析を支援します。

 aqtas1

 

AQTAS ATW (自動試験)

機能:

状態遷移表と試験項目集から試験プログラムを自動生成。試験プログラムを試験パソコンで実行し、試験の合否を自動判定

用途:

製品出荷前のリグレッション試験。 複数・複合負荷のシステム総合試験。

適用分野:

ー 通信系システム。

ー ITS車内LAN内の組み込みシステム

ー ネットソーク内サーバー間通信の試験

データ定義言語:

・TTCN-3(ETSI制定のシステム試験言語)

・C/C++

・XML

試験モード:

・正常・準正常機能試験、エラーパケット発生試験

・単機能順次試験、繰り返し試験

・複数負荷ランダム試験

 aqtas2

AQTAS MPA (ログ分析)

機能:

試験対象装置の送受信パケットとメモリ内容のログを収集し、シーケンスチャートに表示メモリ・パケット内容のシースプログラムレベルで表示メモリ解放漏れの自動検出。

動作環境:

試験対象装置: OS(Linux他任意) 、言語(C/C++)

試験制御パソコン: WindowsXP/200x/Vista

パラットフォーム:Eclipse

 aqtas3

Copyright Icore Inc. 2014. All Rights Reserved.